わきがを根本的に解消するには医療機関での治療がおすすめ

わきがを根本的に解消するには医療機関での治療がおすすめ

汗は、人間の体の機能の中でも、体温を調節したり、老廃物を排出するなど、様々な働きをするものです。汗をかくということは人間の体が正しく機能している現れでもありますが、時としてこの汗が体の悩みやコンプレックスになってしまうことがあります。

 

夏の暑い時期になると、汗をかく量も多くなり、それによって気になる体臭が発してしまうということがあります。体臭が人よりも強いという人は少なくありませんが、そうした中でも特に気になる臭いを発してしまう症状がわきがです。

 

わきがの臭いは通常の汗臭さとは全く違い、人によっては目に染みる臭いと表現したり、玉ねぎが腐った臭いに例えられる事もあります。
こうした体臭の悩みは、本人はもちろんの事、周りの人にも多大な影響を与えるものとなり、接客業などでは致命的な問題になってしまうこともあります。

 

また、わきがは臭いだけでなく、服に黄ばんだ染みを作ってしまうこともあり、見た目の上でも清潔感に問題が生じてしまいます。

 

わきがの臭いは本人がそれほど気づいていないというケースも多いものですが、臭いの問題はデリケートなため、周囲の人も中々指摘しづらいものです。
わきがの臭いを改善するのに、各種デオドラントスプレーやミョウバン水を使う人もいますが、これらを使っても一時的に臭いを改善できるものの、汗をかくことで再び臭いが発してしまい、根本的な解決にはなりません。

 

わきがを根治的に解消するのであれば、やはり医療機関での治療をすることがおすすめです。

 

わきがの原因である脇の下のアポクリン汗腺やエクリン汗腺を除去することで、わきがの臭いを元から抑えることが可能です。

 

しかし、この治療は外科手術が必要になるため、体にメスを入れる事に抵抗があるという人も少なくありません。また、手術の後は、キズが癒えるまで生活や仕事に大きな支障をきたしてしまいます。

 

また、メスを入れることでどうしても脇の下にキズが残ってしまうので、特に女性が手術をするのには勇気がいるものです。
こうした外科手術ではなく、切らないでわきが治療を行うという方法も最近は人気を集めています。

 

これは医療用レーザーを用いてアポクリン汗腺やエクリン汗腺を除去するというもので、メスを入れないので傷跡が残らず、また施術後すぐに帰宅できるというのが利点です。
傷跡の回復を待つ必要も無いので、施術をした翌日から普段通りの生活を送ることができますし、施術にかかる時間も短く済むのがメリットです。