タバコを吸うと脇汗の臭いがきつくなる理由とは?

タバコを吸うと脇汗の臭いがきつくなる理由とは?

喫煙

 

タバコには百害あって一利なしと言われるほど、私たちの身体にとって良くない物であるということは、今や周知の事実となっています。

 

しかし、強い依存性のあるニコチンの働きによって、喫煙をやめたいと思ってもなかなかやめられない人がいるのも事実です。では、タバコは直接脇汗の原因になるのでしょうか。ここでは、その関係について考えてみましょう。

 

タバコにはニコチンが含まれていますが、そのニコチンの働きによって中枢神経が普通より興奮しやすくなると言われています。一般に中枢神経とは、私たちの感情や行動などを司っている部分のことです。実は、喫煙によってニコチンを体に取り入れると、そこにある体温調節の働きをする部分までも刺激してしまうのです。結果として、交感神経がより一層活発に働くようになります。このように交感神経が活発に働けば働くほど、汗を出しているエクリン汗腺が刺激されることになります。こうして自然に大量の脇汗が出てくるようになるのです。

 

またニコチンには、普通の汗を出すエクリン汗腺を刺激するだけでなく、アポクリン汗腺をも刺激する作用があります。こうしてアポクリン汗腺が刺激されることによって、ワキガの原因ともなる臭いのきつい汗が出てくるようになるのです。この汗腺から出てくる汗は、さらっとした普通の汗ではなく、べたべたした粘っこい質の汗です。この汗には臭いのもととなる物質がいろいろと含まれています。こうして汗の臭いがきつくなってしまうのです。一般に、タバコを吸うと脇汗の臭いがきつくなると言われることには、このような理由があるのです。

 

さらに、タバコには依存症を引き起こす特性があることに加えて、他の作用もあります。それは、多くの人が喫煙によってストレスを解消したり気持ちをリラックスさせたりしているという現状の中に見ることができます。こうした状態に陥っている人は、喫煙をしなければストレスを発散できない、またはリラックスできないといった体になってしまうものです。それによって、体の自律神経は間然にバランスを崩してしまい、交感神経が常に活発に働くようになってしまうと言われています。結果として、いつでも大量の汗をかきやすい体質になってしまうのです。

 

それで、脇汗の量を減らしたりきつい臭いを改善したいと願うのであれば、是非とも禁煙するよう努めることにしましょう。もちろん、いきなりすべてを絶つというのは難しいかもしれませんが、努力を払うだけの価値は十分にあります。中には、徐々に本数を減らしていき、最終的には完全に喫煙の習慣を絶つことができたという人もいます。

 

そうするためには、タバコに代わる効果的なストレス解消法を見つけ、上手にストレスを解消するようにしましょう。人によっては、軽めの運動をしたり、ダンス教室に通って思いっきり体を動かしたり、さらには読書や映画鑑賞といった趣味を持つのもよいでしょう。こうして脇汗の臭いをきつくしている原因を取り除くようにしましょう。

関連ページ

子供の場合
中学生、高校生におすすめな脇汗を止める対策
プラセンタ
プラセンタで自律神経のバランスを整えて脇汗を改善するようにしましょう。嫌な味や臭いもありません。