わきがとすそわきがの違いとは?医学的には病の一種

わきがとすそわきがの違いとは?医学的には病の一種

どんな年になっても自身の体臭は気になる所です。

 

 

特に「わきが」は医学的にも治療が必要な臭病ですが、最近では「すそわきが」も話題になっています。
「すそわきがって、わきがと何がちがうの?」「どんな匂いがするの?」という素朴な疑問に今回はお答えしていきましょう。

 

そもそも、わきがとは?

 

体のワキの部分から独特な鼻につく匂いがするのが通称「わきが」ですが、医学的には腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれる臭病の症状の一種とされています。原因は「アポクリン汗線」と呼ばれる汗腺からでる汗が主となっています。この汗腺からでるアンモニアや尿素が皮膚の常在菌と反応して悪臭の元となっているのです。

 

「わきが」と「すそわきが」の違い

 

「すそわきが」の原因は「わきが」と全く変わりませんが、悪臭を放つ部位が変わります。
「わきが」が体の脇の部分に対して、「すそわきが」は陰部や乳輪付近です。

 

「すそわきが」が発生する部分にもアポクリン汗線があり臭い的には「わきが」もそれと変わらないものとされています。

 

どんな臭いがするのか?

 

「わきが」と変わらない臭いがするとされてはいますが、陰部や乳輪付近のため、尿や垢と反応しやすい位置にアポクリン汗線があるため。男性・女性ともに臭いが「わきが」よりも「すそわきが」の方がきつくなる傾向にあります。

 

基本的には刺激臭に分類され、玉ねぎを切った時のような臭いや、香辛料のそれと近い臭いや、納豆のような発酵性の刺激に近しい臭いがします。人によって臭いの表現は様々なので一概には言えませんがこれらの刺激臭に似た臭いがします。

 

おわりに「対策はあるのか?」

 

「すそわきが」はアポクリン汗線の位置から、どうしてもアンモニアと常在菌が反応しやすい傾向にありますので、動物性たんぱく質の過剰摂取や脂質のとり過ぎなどで、より臭いが強烈になることがあるので、食生活の見直し・改善が対策としては一番です。

 

しかし医学的には病の一種に分類されていますので、思い当たる節があれば、迷わず近隣のクリニックに相談しましょう。体質的な問題で体臭が悪い場合もありますので要注意です。